WORKSECT Party Vol.2 レポート

2012.07.09Report

梅雨まっさかりの6月30日、京都西院の ea cafe でクリエイターのための交流会 WORKSECT Party Vol.2 を開催しました!
当日かけつけた参加者は前回を上回る34名。当日は雨が降っていましたが、Web デザイナー、アートディレクター、イラストレーター、イベントコーディネーターなど幅広いジャンルの方が集合!今回は神戸や大阪から参加の方や、ひとりで参加される方も多く、活気あふれる会となりました。

フリーランスや会社勤めの方、学生、色んな立場でクリエイティブな活動をしている、または、志している方々と自由に名刺交換。ここでは、知り合い同士で固まっていてもなにも始まりません。動いて、話して。また動いて、話して。
みんな積極的に、アグレッシブに名刺交換します。売り込みも全然 OK。
おいしいごはんやお酒を楽しみながら、空気が十分あたたまってきたころ…
交流会の目玉である、プレゼンがスタート!

アートイベント ツムテンカク開催レポート
高橋知子さん

大阪・新世界で5月25日~27日の3日間行われたアートイベント「ツムテンカク 2012」。200組以上のアーティストが参加したこのイベントで、高橋さんは Web サポーターとして参加。約30あるイベントの中のひとつ「ジルバル」のサイトを制作されました。「ジルバル」とは、新世界の地域飲食活性化を目的とした巡回飲み歩きイベント。架空の飲み食べ歩き好きな女子「ジル」の気に入ったお店をまわり、地域のお店の味を知るイベントとなっています。
その他にも多彩なイベントが盛りだくさん!特に人気が高かったのが「七人のオバハーン」「蓑虫なう」「ブサイクチェンジ」。大阪のおせっかいなおばちゃんを現代アートにしたり、アーティストが商店街に蓑虫姿で吊られていたりと、遊び心たっぷり。今年は終了しましたが、来年も開催予定!ますます楽しみなイベントです!

諏訪湖周まちじゅう芸術祭による学生プロジェクト
原美雪さん

原さんが在籍する京都芸術デザイン専門学校情報デザイン総合コースでは、映像技術やウェブ、グラフィックデザインなどを学んでいます。原さんは、3回生の学外で開催する「展示会プロジェクト」という授業で、9名からなる「×9(カケルキュウ)」というチームのひとりとして「諏訪湖周まちじゅう芸術祭」に参加。展示プロジェクトは「すわんぽ」。下諏訪を訪れた方や地元の人にまちの魅力を再発見してもらいたい!との想いから、下諏訪のまちをアートで彩ります。イベントは「箱」をつかったアート作品の展示や映像投影、スタンプラリーなど。また、オリジナルキャラクター「すわんぽくんファミリー」をまちのいろんな場所で発見したり…お散歩が楽しくなる仕掛けがいっぱいです。期間は2012年8月26日~8月31日まで。今年の夏は、下諏訪のまちでアートを体感してみては?

クリエイティブグループ Antena Media
資延雄治さん

アーティスト、キュレーター、デザイナー、編集者、建築家など総勢10名からなるクリエイティブグループ「Antena Media」。京都を拠点に活動しています。活動内容はさまざま。トークイベントや展覧会ができるレンタルギャラリー「common space」の運営や、イベント・展覧会のプロデュースなど。イベント企画例としては2012年4月27日~5月6日まで開催された「KYOTO OPEN STUDIO」があります。アーティストと地域のつながりを深めることを目的としたこのイベントは、作品展示に加え、アーティスト本人と交流できるワークショップを行うなど、よりアートを身近に体感できるイベントとなりました。また、外部からの仕事も受け付けており、京都精華芸術大学テキスタイルコースの入学パンフレットや展示デザイン、店舗設計など、メンバーのノウハウを生かした活動を行っています。

ファッションデザインにおける
Marvelous Designer 2 実践導入
伊藤彰さん

デザイナーの伊藤さんが紹介するのは「Marvelous Designer 2」というソフト。このソフトは衣服の 3D データを制作できるもので、二次元である型紙から三次元の立体イメージへと手軽に変換が可能。さらに、ドレーピングやプリーツなどの細かいディテールや、アバターに服を着せてアニメーションができるという、画期的なソフトです。このソフトを、実際のデザイナーが使用すれば、パターンやテキスタイル、縫製のイメージを手軽に画面上で確認できます。そして同時に 3D データも出来上がっているというスグレモノ。自分以外の人に指示をする場合もイメージが伝わりやすくなります。このソフトは開発されてまだ3年ほど。アパレル CAD や、指示書を扱っている方など、このソフトについてもっと情報交換をしたいとのことですので、興味のある方いかがですか?

京都シネマカレッジウィークに参加
横井希美さん

2012年9月15日~17日の3日間、四条烏丸にある京都シネマで MD 映像祭『Movieam』が開催されます。これは、京都シネマの企画「カレッジウィーク」の一環で、京都芸術デザイン専門学校情報デザイン総合コースを中心に、在校生、卒業生、講師陣による映像作品を上映するイベント。映像作家の卵たちの作品が日替わりで放映されます。作品は、「夢」をテーマにしたショートムービーや短編映画、さきにプレゼンされた原さんの展示プロジェクト「すわんぽ」のドキュメンタリーなど、多彩なラインナップ。そして、横井さんは1日目のメイン30分短編映画とショートムービーの2本に主演で出演、さらにこのイベントのグラフィック制作も担当されています。チケットは、当日券・前売り券を販売していますが、予約フォームからお取り置きも可能です。

京都朝げいこ 実践カメラ講座
完山祐毅さん

「みなさん、早起きはすきですかー?」の質問に対し答えたクリエイターはわずか数名。そんな夜型生活をおくるクリエイターに向けて、朝活の良さをプレゼンした完山さん。朝の自然光は発想力を高め、頭の整理整頓がしやすくなる。さらに朝活は他業種の方と交流できるメリットがある、とのこと。完山さんは、「京都の人もまちも早起きにしよう!」をコンセプトに四条烏丸で開かれている「京都朝げいこ」のチラシや Web のデザインを担当。また、趣味がカメラということから「実践カメラ講座」にも参加。講師はもちろんプロのカメラマンで、フィールドワークや受講生の写真展もあり。朝の1時間を楽しくカメラ技術向上に生かせます。さらに、講座はライフマネー講座やライティング講座などバリエーション豊か。ぜひ、これからは早起きをして京都朝げいこに参加したいですね!

プレゼン終了後、プレゼンターは大人気。それぞれのプレゼンの内容について話をして、また挨拶と名刺交換の嵐。プレゼンターを中心として交流の輪が広がってゆきました。話は尽きることなく、貸切終了時間をすぎても名残惜しい空気がただよいます。そして、話の続きは1次会から2次会へ。それぞれの立場から話をし、刺激しあえる良い会となりました。

それぞれが自然体で参加でき、和やかに交流できた WORKSECT Party Vol.2は無事終了。今後、第3回、4回も開催してゆきたいと考えています!視野を広げたい、人脈をひろげたい、良い刺激をうけたい、クリエイティブな活動に興味がある…そんな方、ぜひ次はご参加ください!

Writing by Mami Morita